その他技術

Methioninase登録商標及びPEG-Methioninase

メチオニン分解酵素を用いて血中のメチオニン濃度を低下させ、他の抗がん剤と組み合わせてがん細胞を死滅させてがんを治療する方法です。血中滞留時間を延長するためにメチオニン分解酵素にポリエチレングリコール(PEG)を結合したPEG–Methioninaseを開発しています。

詳細へ(外部リンク)

Hyase登録商標(ホモシステイン測定キット)

遺伝子組み換えホモシステイナーゼを使い、血中のホモシステインを特異的に測定するキットです。(510K 取得済)携帯出来る小型測定器も開発しています。ホモシステインは第二のコレステロールとも呼ばれ、心臓病、循環器病、アルツハイマーなどのリスクファクターとして注目されています。本キットは富士レビオ(株)にライセンスされています。

詳細へ(外部リンク)

DermaTek登録商標

DermaTek®は二つの技術から成り立っています。毛包細胞を標的とするリポソーム技術は発毛、育毛、ニキビ治療を目的にリポソーム化4MA(5 –α– 還元酵素阻害剤)を開発中です。また、多彩な能力を持つ毛包細胞由来の幹細胞技術を開発しています。AntiCancer社では毛包幹細胞を用いて、マウスの神経や脊髄の再生に成功しています。

詳細へ(外部リンク)

バクテリアを用いるがん治療

遺伝子工学の技術により、正常細胞には無害でがん細胞を攻撃するサルモネラ菌を開発しています。ヒトがん細胞を移植したマウスにこのサルモネラ菌を投与すると、がん細胞は死滅します。正常細胞には全く影響がなく、副作用は認められません。
新しいがんの治療法として注目されています。

詳細へ(外部PDF)

研究開発

技術紹介

会社案内

お問い合わせ資料請求

外部リンク

ページTOPへ