ラボ案内

  

設備情報

○○○

オリンパスOV110
がんの発生や転移メカニズム、薬効の解明につながる生体観察システムOV110です。OV110は小動物を全体像から細胞レベルまで観察することができる世界最高クラスの高感度な光学系を採用しており、がんの転移や血流、カルシウムイオンの変化などをリアルタイムで観察することが可能です。発がんから転移における薬理研究分野のほか、薬効、代謝の研究分野などにもご利用頂けます。

○○○

Indec Systems製 in vivoリアルタイムイメージング装置FluorVivo
FluorVivoシステムは、小動物蛍光画像観察用のin vivoリアルタイムイメージング装置です。 本装置は、簡単、迅速、非侵襲的に小動物を蛍光イメージングすることを可能にしました。基礎研究から、薬物評価、薬物スクリーニングにいたるまで幅広い範囲の研究に強力なイメージング技術と画像解析技術を提供します。

総販売元:プライムテック株式会社

○○○

UVP製 iBox Small Animal Imaging System
ユーザーの設定した条件で簡単に小動物のin vivo検出を行うことができるシステムです。適切な光学系と高感度冷却CCDカメラにより画像を撮影することができます。蛍光タンパクによるin vivoのアプリケーションにおいて先進的な実績をもつAntiCancer Inc.との協力関係をもとにUVP社が本システムを提供いたします。

販売元:ビーエム機器株式会社

研究開発

技術紹介

会社案内

お問い合わせ資料請求

外部リンク

ページTOPへ