HDRA

Histoculture Drug Response Assay HDRA

HDRA(Histoculture Drug Response Assay)は、AntiCancer 社で開発されました(Vescio, et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 84, 5029-5033, 1987.)。HDRAは、患者さんの腫瘍組織を3 次元培養することによって、その患者さんの治療に最適の抗がん剤を選択するin vitro の抗がん剤感受性試験です。さらに、HDRA は日本では慶応大学で(Furukawa, T., et al. Clinical Cancer Research 1,305-311, 1995; Kubota, T., et al . Clinical Cancer Research 1, 1537-1543,1995)、アメリカ合衆国ではスローンケタリングがん研究所で(Singh, B., et al ,Head and Neck 24, 437-442, 2002.)臨床試験が行われ、その有効性が確認されております。 HDRA は、日本でも広く使われております。AntiCancer 社は日本でのHDRA の実施を、株式会社エスアールエルに依頼しております。

HDRAの特徴

HDRAの応用

HDRAの試験

腫瘍組織の培地
輸送用培地に入れて運ばれた腫瘍組織
細かく刻まれた腫瘍
細かく刻まれた腫瘍
Histocultureに植えられた腫瘍片
Histocultureに植えられた腫瘍片
抗がん剤で処理後の腫瘍片
腫瘍片を抗がん剤で処理後、MTTを加えた。耐性株は色が付き、感受性株は色が付かない。
プレートリーダーで定量
MTTを個々の腫瘍から抽出し、プレートリーダーで定量する。

HDRAによる測定結果の例

阻害率が高い程、抗がん剤が良く効いたことを示しています。HDRAの結果と胃がん患者の生存曲線は高い相関性を示しました。

乳がんグラフ
乳がん
転移性小細胞肺がグラフ
転移性小細胞肺がん
脳への乳がん転移グラフ
脳への乳がん転移
肺がんの転移グラフ
肺がんの転移

カプラン マイヤーの生存曲線

(A) -カプラン-マイヤーの生存曲線:マイトマイシン-Cによる胃がん患者の治療例
A群(患者数:10名):マイトマイシン-C感受性胃がんB群(患者数:22名):マイトマイシン-C耐性性胃がんFurukawa, T., Kubota, T., and Hoffman, R.M., Clinical Research, 1, 305-311 (1995)

胃がん患者の手術後の無再発生存率グラフ

(B) -マイトマイシン-Cと5-FUでアジュバント処理した後、ほぼ完全に腫瘍を切除したステージIIIおよびIVの胃がん患者の手術後の無再発生存率
グループ-Aの10人の患者のがんはin vitroの試験(HDRA)でマイトマイシンCと5-FUに感受性であった。一方、グループBの22人の患者のがんは、in vitroの試験(HDRA)で、マイトマイシンCと5-FUに感受性がなかった。

研究開発

技術紹介

会社案内

お問い合わせ資料請求

外部リンク

ページTOPへ