in vivoリアルタイムイメージング

化合物探索と評価のための定量的・リアルタイム・全身イメージング技術

100種類以上のがん細胞に蛍光タンパク質遺伝子 (GFPおよび RFP)の導入に成功
蛍光タンパク質遺伝子 (GFPおよび RFP)の導入画像01
蛍光タンパク質遺伝子 (GFPおよび RFP)の導入画像02
蛍光タンパク質遺伝子 (GFPおよび RFP)の導入画像03
低分子化合物、タンパク質、遺伝子などあらゆる化合物の評価が可能
低分子化合物イメージ
タンパク質イメージ
遺伝子イメージ
がん細胞と間質細胞の相互作用が見える in vivo 二色イメージング
in vivo 二色イメージング画像01
in vivo 二色イメージング画像02
in vivo 二色イメージング画像03
In vivoハイ・スループット・スクリーニング
In vivoハイ・スループット・スクリーニング画像01
In vivoハイ・スループット・スクリーニング画像02
In vivoハイ・スループット・スクリーニング画像03
がん転移モデル (MetaMouse®)血管新生モデル(AngioMouse®)を使って、研究目的に合わせた受託研究を実施。あらゆるがん種に対応
がん転移モデル MetaMouse
血管新生モデル AngioMouse

典型的なイメージング例

腫瘍の増殖

肝転移GFP/RFP-MetaMouse
全身イメージングで見る肝転移 GFP/RFP-MetaMouse®
GFPを導入した腫瘍の肝臓と脳への転移
全身イメージングで見るGFPを導入した腫瘍の肝臓と脳への転移
同所移植され、増殖中のRFP-ヒト・グリオーマ
全身イメージングで見る同所移植され、増殖中のRFP-ヒト・グリオーマ

転移

播種したGFP-リンフォーマ
全身イメージングで見る播種したGFP-リンフォーマ
発現腫瘍を使った骨転移のイメージング
GFP-発現腫瘍を使った骨転移のイメージング
マウスメラノーマの骨転移のイメージング、二色イメージングによる繊維肉腫の肺転移
GFP発現マウスメラノーマの骨転移のイメージング
二色イメージングによる繊維肉腫の肺転移

抗がん剤の治療効果

リアルタイム全身イメージングで見るヒト転移がんモデルマウスにおける抗がん剤の治療効果

血管新生

AngioMouse®(血管新生モデルマウス)

(1) GFP遺伝子を導入した腫瘍を使った血管新生モデルマウス
GFPを導入した腫瘍を使用した血管新生モデルマウス
GFPを導入した腫瘍を使用した血管新生モデルマウス
(2) GFPヌードマウスにRFP遺伝子を導入した腫瘍を移植した血管新生モデルマウス
GFPヌードマウスにRFPを導入した腫瘍を移植した血管新生モデルマウス

遺伝子発現

肝臓での遺伝子発現
全身イメージングで見る肝臓での遺伝子発現
脳での遺伝子発現
全身イメージングで見る脳での遺伝子発現
肝臓での遺伝子発現
全身イメージングで見る肝臓での遺伝子発現

研究開発

技術紹介

会社案内

お問い合わせ資料請求

外部リンク

ページTOPへ